看護師転職エージェントランキング

看護師転職エージェントを賢く使って転職を成功させよう

今の時代、看護師さんが転職する際に「必ず」必要になるのは看護師転職エージェントの存在です。転職先と看護師さんの間に入って求人先の紹介や給料交渉などを代行してくれるサービスです。 「仲介役が入ると無駄なお金がかかるのではないか?」と思う方もいらっしゃるかと思いますが看護師さん側は全て無料で病院側が仲介サイトにFEEを払うシステムです。 つまり看護師さんからすると完全無料で転職のアドバイスや高待遇案件の紹介をしてもらえるということです。ナースフルなどいくつか登録して内容を見てみましょう。

看護師転職エージェントランキング!まずは登録してみよう!

ナースフル

URL:http://www.recruit-nb.jp/ ※業界No.1のリクルート系の仲介サイト




マイナビ看護師

URL:http://iryo-de-hatarako.net/ ※マイナビ系で安心・安全のサイト




ベネッセMCM

URL:https://www.benesse-mcm.jp ※医療・介護に特化した転職サービス




看護師の転職でよくある失敗

看護師は離職率が高い職業といわれています。パーセンテージにして年間10パーセント以上が離職し、数にして年間11万人程度が再就職するといわれています。結婚・出産など家庭の事情による退職も少なくないものの、職場の問題で新天地を求めて離職するケースも少なくありません。

後者の場合は当然よりよい職場を目指して転職するわけですが、必ずしも成功するとは限らないのが実情です。よかれと思った転職があとになって「こんなハズじゃなかった…」と後悔させられることもあるのです。こうした失敗例は転職を目指す看護師だれにでも予想しうるものだけに、知っておくことは決して無駄ではないでしょう。

よくある失敗例として挙げられるのがスキル・経験不足。どの医療機関でも人手不足に陥っており、中途採用の看護師には即戦力を求めます。そのため経験不足の職場に就職してしまったために対応できなくなってしまうこともあるのです。この経験不足とは看護師そのものの経験ではなく、診療科目や就業先ごとのスキルです。これまでとは異なる診療科目で勤務することになった、あるいは介護関連の職場で働くことになった場合、これまでとは勝手の違う環境で戸惑うことも少なくありません。

同じようなケースでブランクの問題もあります。医療業界は目まぐるしい勢いで進歩・変化しています。数年程度のブランクでも対応できなくなってしまう場合も少なくありません。ブランクからの復帰でいきなり即戦力としての活躍を求められ、対応できないケースもあるのです。この場合は研修制度などブランクを埋めることができる教育制度がどれだけ充実しているかを事前に確認しておくことが重要になってくるでしょう。

職場そのものに対応することができずに後悔するケースも見られます。近年看護師が求められる場が多様化しており、医療機関以外の職場が転職先として挙がることも少なくありません。上述したように介護関連の職場はその代表例といえるでしょう。夜勤が多いなど激務が多い医療機関の仕事を辞め、介護関連の施設に転職してみたものの、こちらでも夜勤が多くかえって生活が不規則になってしまった、などといった失敗例もあります。介護業界は医療業界以上に人手不足であることを忘れないようにしましょう。

このように、転職の機会が多いからこそ、失敗には注意しておきたいところ。事前に求人情報をチェックし、自分とのマッチングを検討したうえで判断したいところです。転職で失敗しないためにはナースフルなどの看護師転職エージェントにまずは登録するところからです。必ず満足いく転職ができるように賢く無料サイトを使っていきましょう。

看護師を面接する立場が気になるポイント

看護師の就職・転職活動においても面接は非常に重要な意味を持ってきます。接客業としての役割も非常に多い仕事なだけに、他の業種に比べても大きな比重を占めているといってもよいでしょう。では面接の際、担当する側はどのような点を気にし、チェックしているのでしょうか。

まず服装。面接時にはできるだけ好印象を与えたいため、ついつい過剰に着飾ってしまうもの。しかし看護師の場合はそれがマイナスイメージに結びついてしまう場合もあります。どんな職場であれ、医療に携わる看護師には清潔感が求められます。服装はあくまで質素で落ち着いた印象を与えるものにしましょう。黒やダークグレーなど暗めの色調が無難でしょう。

それからアクセサリーの類。こちらも派手なものは厳禁です。ピアスは避けたほうが良いですし、ネックレスや指輪もあまり目立たないものを選びましょう。それからもうひとつ、靴。こちらも派手なものは避けるのはもちろん、ヒールはなるべく低いものを選びましょう。背の高さが問われるような職業でもありません。こうして見ると、普段よりも地味なくらいの格好で落ち着いた印象を与えることが重要になるのがわかります。面接する立場の人は服装からその人の性格もチェックするので、ぜひとも踏まえておきたい基礎知識となるでしょう。この点についてはメイクや服装も同様となります。とくにメイクは気合を入れすぎないよう気をつけましょう。

それから質疑応答。ハキハキとした受け答えが求められます。少々応えづらい質問でもはっきりと答えるのがポイント。看護師の仕事では患者から聞きづらい質問を受けることもありますから、そうしたシチュエーションにしっかり対応できるかどうかを問われます。それからこれまでの自分のキャリアやスキルをどれだけアピールできるか。これはその職場で働く意欲のアピールにもつながってきます。求人先の職場を理解しているか、自分がどのような役割を果たすことができるかを、正確に把握しているかを伝えるわけです。これができていないとやる気がないのではないか、単に給料目的で応募してきたのではないかと思われてしまいます。

あとは人間関係について。人間関係のストレスで退職してしまうことが多いだけに、新しい職場への適応力も面接の担当者はチェックします。人間関係の構築や職場への対応に関する質問をされた場合には一般常識を踏まえて、人間関係を重視する姿勢をアピールするようにしましょう。こうした細かい点に気をつけるだけでも、面接の担当者によい印象をもたらすことができるはずです。看護師転職エージェントに登録すれば面接の指導もしっかりしてもらえますので安心できます。


>>人気No.1の看護師転職エージェントはナースフル<<


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2016 看護師転職エージェントランキング All Rights Reserved.